基本理念と投資基準

オープンイノベーションを通じて次世代の国富を担う産業を育成・創出します

産業革新機構の投資基準

~ 投資を行う上での3つの基準 ~

社会的ニーズへの対応
  • 国内外へのエネルギー・環境問題への対応
  • 健康長寿社会の実現
  • 国民経済における生産性の向上
成長性
  • 新たな付加価値の創出等が見込まれること
  • 民間事業者等からの資金供給が見込まれること
  • 取得する株式等の処分の蓋然性が高いと見込まれること
革新性
  • 先端基礎技術の結集及び活用
  • ベンチャー企業等の経営資源の結集及び活用
  • 技術等を核とした事業の再編・統合
  • 我が国に存在する経営資源以外の経営資源の活用

投資対象となる事業化ステージ

様々な事業化ステージにおける投資活動

投資対象となるセグメント

オープンイノベーションによる新陳代謝が必要な産業、企業、事業を対象に幅広く検討

代表的な投資セグメント
  • 素材・化学
  • 電子デバイス
  • 産業機械
  • エネルギー
  • 輸送・自動車
  • 消費財・小売(サービス含む)
  • 健康・医療(サービス含む)
  • IT・ビジネスサービス・コンテンツ
  • インフラ(サービス含む)
  • 知的財産

産業革新機構の投資形態

投資インパクトを実現するための様々な投資活動

  • 垂直統合
  • 水平統合
  • クロスボーダーM&A
  • スピンアウト・オフ
  • グロース/シード投資
  • ファンド投資

投資案件に対する評価軸

  • 1. 投資インパクト(Impact)
    • INCJの特徴である第3の評価軸
    • INCJが起こそうとしている社会的なインパクト
  • 2. 収益性(Profitability)
    • 民間のファンドと同一の評価軸
  • 3. 実現可能性(Feasibility)
    • 民間のファンドと同一の評価軸

HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ