組織・運営体制

シンプルでフラットな組織体制

経営判断の迅速化を図るために、シンプルでフラットな組織体制をとっています。投資フロントラインには、投資事業グループ、ベンチャー・グロース投資グループ、ヴァリュー・エンハンスメントグループを配し、事業再編からベンチャー投資まで、また、投資後のフォローアップを含めた総合的な支援体制をとっています。

豊富な人財

プライベートエクイティファンド、ベンチャーキャピタル、コンサルティング、商社、メーカー、研究所など民間企業を中心に幅広く、豊富な経験と知見を持った人財が結集しています。

産業革新委員会

産業革新機構における投資案件は、全て最終決定機関である産業革新委員会を経て実行されます。委員会のメンバーは、当社の代表取締役及び社外取締役で構成され、その客観性・中立性を担保しています。

適切なコーポレートガバナンス

ルール

法的枠組み(会社法・産業競争力強化法)の遵守
厳格なコンプライアンス体制

民間規律

社外取締役による規律
民間株主に対する説明責任

国の関与

国による個別案件に対する意見陳述
国による毎事業年度の予算認可、取締役・監査役・産業革新委員等の認可
国による毎事業年度の事業評価

HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ