NEWS ROOM

2019.10.15

INCJと投資先10社が、バイオ関連の展示会「BioJapan 2019」に共同出展

2019年10月9~11日に、INCJと投資先企業10社*がバイオ産業関連の展示会「BioJapan 2019」に共同出展しました。BioJapanはバイオ産業におけるアジア最大級のパートナリングイベントで、34か国から1,000社以上が参加し、17,512名が来場しました。INCJは2015年にブースを初出展し、今回が5回目の参加となりました。

DSC02361-2.jpg

*共同出展企業(50音順):
・株式会社 アネロファーマ・サイエンス
(ビフィズス菌を利用したi-DPSプラットフォームによる抗癌剤開発)           
・エンブレース 株式会社
(地域包括ケアにおけるコミュニケーションプラットフォーム)      
・SCIVAX 株式会社
(ナノインプリント装置及びプロセスの開発・受託生産)            
・株式会社 スコヒアファーマ
(腎・代謝・循環領域における医薬品の研究開発)            
・ステラファーマ 株式会社
(ホウ素中性子捕捉療法用ホウ素薬剤の開発)
・ナノミストテクノロジーズ 株式会社
(超音波ミスト化分離システムの開発、製造、販売)
・NapaJen Pharma, Inc.
(ユニークなドラッグデリバリー技術を用いた核酸医薬の開発)
・マイクロ波化学 株式会社
(マイクロ波化学プロセスの研究開発・エンジニアリング、製造・販売及びライセンス事業)
・株式会社 メガカリオン
(iPS細胞由来の血小板製剤の開発)
・レナセラピューティクス 株式会社
(ヘテロ核酸技術を中核とした創薬支援)

DSC02364-2.jpg

ブース前方では、INCJ全体の投資実績件数や金額、健康・医療関連分野の投資先ベンチャー企業一覧を記載したパネルを展示しました。2009年の設立以降、INCJが投資決定を行った案件は累計142件にのぼり、そのうち114件がベンチャー投資案件、また24件が健康・医療分野の投資案件となっています。(2019年8月末現在)

DSC02373-2.jpg

ブース内部には、共同出展企業の事業概要をまとめたパネルをそれぞれ展示し、各社の担当者が来場者へ事業内容を紹介しました。また、マッチングブースでも商談が活発に行われました。

DSC02394-2.jpg

ブースには厚生労働省および経済産業省の方々も視察に訪れ、INCJ執行役員の芦田が展示内容について説明しました。

HOME
企業情報
事業情報
NEWS ROOM
投資実績
お問い合わせ