お知らせ

2018.10.31

ASTROSCALE PTE. LTD.:
スペースデブリ除去の事業化を目指すアストロスケールへの追加出資について

株式会社INCJ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)は、スペースデブリ*除去技術の開発およびサービスを提供するAstroscale Pte. Ltd.(本社:シンガポール、創業者兼CEO:岡田光信、以下「アストロスケール」)の第三者割当増資を引き受け、35百万米ドルを上限とする追加出資を行う事を決定し、そのうち段階的な投資の初回として25.5百万米ドルの出資を行いました。また、既存投資家のほか、今回新たにSBIインベストメント株式会社運営ファンドや三菱地所株式会社等が出資を行いました。

1スペースデブリ(宇宙ゴミ)とは、運用が終了した人工衛星やロケット上段等、活動を行う事なく地球軌道上に放置された人工物体や、人工物体同士の衝突等により発生した破片を指します。

現在、地球を取り囲む宇宙空間には1センチ以上のスペースデブリが軌道内に約75万個存在し、急速に増加しています。スペースデブリが存在することにより、我々の暮らしに不可欠な人工衛星に衝突して破損させてしまうなど、宇宙空間を利用する際の脅威となっています。持続可能な宇宙利用のためにも、デブリ増加の抑制や除去の必要性が認識されており、欧州宇宙機関や米国等ではスペースデブリの低減に関するガイドラインが設けられるなど、国際的にも注目が高まっています。

アストロスケールは、より持続性のある宇宙開発のために、スペースデブリ除去の事業化を目指す宇宙ベンチャー企業です。同社は、2013年に設立して以降、開発を加速させており、現在は将来新たに発生する故障衛星を除去するサービスと、既に宇宙空間に存在する大型スペースデブリを除去するサービスを事業の柱としています。2017年には、英国における長期的な事業展開を目指して、同国に子会社を設立するなど、順調に事業を推進しており、さらに2020年前半には、世界初となるデブリ除去衛星実証機「ELSA-d(エルサディー)」の打ち上げを予定しています。今回の調達資金は、スペースデブリ除去サービスの本格展開に向けた、拠点新設・拡充や開発、体制構築に供される予定です。

INCJは、2016年2月に30百万米ドルを出資することを決議し、2016年3月と2017年6月にそれぞれ15百万米ドルを投資実行しました。アストロスケールに対して、技術開発に必要な成長資金を提供するとともに、社外取締役の派遣等を通じ経営面でのサポートを行ってきました。INCJは、アストロスケールの技術力や、国内外の政府、国際機関、民間企業を巻き込んだビジネス推進力を高く評価しており、今後更なる事業展開に必要となる資金に対応して、追加出資を行うことを決定しました。INCJは本投資を通じて、アストロスケールの技術開発、実証およびビジネスモデルの構築を支援し、宇宙産業発展の大きなボトルネックとなりつつある、スペースデブリ問題の解決に寄与します。併せて、民間企業による宇宙産業の発展を後押しし、我が国の宇宙関連の研究開発の拡大にも貢献することを目指します。

PDF(ニュースリリース)

HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ