お知らせ

2018.06.29

株式会社ABEJA:
AIで産業の自動化・効率化を目指す株式会社ABEJAへの追加出資について

株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)は、AIを活用したサービスにより産業の自動化・効率化を目指す、株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下「ABEJA」)の事業進捗に伴い、同社の第三者割当増資を引き受け、5億円を上限とする追加出資を行うことを決定し、同額の出資を実行しました。また、INCJを含む既存投資家に加え、今回新たに事業会社などが加わり、合計9社が出資を行いました*1

※1:既存投資家:PNB-INSPiRE Ethical Fund 1投資事業有限責任組合(株式会社インスパイアPNBパートナーズ運営)、エヌビディア コーポレーション

新規投資家:SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(SBIインベストメント株式会社運営)、ダイキン工業株式会社、TBSイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合(TBSグループ運営)、株式会社トプコン、日本郵政キャピタル株式会社、武蔵精密工業株式会社

ABEJAは、2012年に創業したベンチャー企業で、創業以来、AI特にディープラーニングを活用して、小売・流通産業をはじめとしたあらゆる産業の自動化・効率化を実現するAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を開発し、製造業や建機業など様々な企業と協業を進めています。さらに同サービスで蓄積されたノウハウをパッケージ化し、特定の業界に絞ったソフトウェアとして提供する「ABEJA Insight」を開発。小売・流通業界だけでなく、製造業界やインフラなど対象とする業界を拡大し、100社/約480店舗以上に導入されるなど(2018年2月22日時点)、順調に事業を推進しています。

また、ABEJAは2017年3月にシンガポールに現地法人を設立。日本での実績をもとに、同国政府系企業や現地および日系の大手企業と協業を進め、今後は、シンガポールを拠点として東南アジアを中心に海外展開を進めていく方針です。

INCJは、2016年7月にABEJAに対して5億円を上限とする支援を決定、同額の出資を実行し、社外取締役を派遣するほか、国内外の資本・業務連携先や取引先等の紹介をはじめとした支援を行ってきました。INCJの出資以降、ABEJAはサービスの開発を推進し、大企業への導入を拡大させるなど実績を上げてきました。このような実績を踏まえ、今後は「ABEJA Insight」を提供する業界をさらに拡大し、また海外展開を強化させるための資金として、INCJは今回も前回と同額となる5億円を上限とする追加支援を決定し、同額の出資を実行しました。INCJは、ABEJAによるAIの実用化を推進するサービスが、小売・流通産業をはじめとした産業の自動化・効率化に貢献することを期待しています。また、大企業とのオープンイノベーションにより、日本を代表するAI活用事例を生み出し、日本発、グローバルに活躍するベンチャー企業の創出に寄与します。

PDF(ニュースリリース)

HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ