お知らせ

2018.02.08

株式会社エルテス:
株式会社エルテスの株式売却について

 株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)は、同社が保有する株式会社エルテス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原貴弘、以下「エルテス」)の全株式について、このたび東京証券取引所マザーズ市場にて売却したことをお知らせいたします。


1. 対象事業会社

 株式会社エルテス

・ž 設 立        :2004年4月
・ 代表者        :代表取締役社長 菅原 貴弘
・ 所在地        :東京都千代田区
・ 事業内容       :リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供
・ 業界・分野      :IT・ビジネスサービス・コンテンツ・知財
・ 事業化ステージ  :ベンチャー企業

2. 支援決定概要

・ž 支援決定金額   : 3億円(上限)
・ 実投資額     :3億円
ž・ 共同投資家(シリーズC) :
  株式会社マイナビ、株式会社電通デジタル・ホールディングス、日本アジア投資株式会社、
  いわぎん事業創造キャピタル株式会社、事業創造キャピタル株式会社
ž・ 株式保有割合   :非公表
ž・ 支援決定公表日  :2015年10月1日
ž・ 支援決定時プレスリリース: http://www.incj.co.jp/PDF/1443584397.01.pdf
ž・ 投資ストラクチャー図:https://www.incj.co.jp/performance/upload/docs/1443584397.02.pdf

3. 経緯

(1)出資の経緯

 エルテスは2004年に複数のITサービスを手掛けるベンチャー企業として設立され、2007年には自社開発によるデジタルセキュリティサービスに特化した事業を展開。企業に集積されたビッグデータを解析することにより、企業のデジタルリスクマネジメントについて、予防から対策まで一気通貫でサービスを提供しています。INCJは、同社サービスを活用することにより、オンライン上で発生するリスクを軽減し、企業価値の毀損を未然に防止できること、また商取引上の信頼感向上など、健全なインターネットビジネスの促進が期待できることから、2015年10月、同社の事業開発に必要な資金として、3億円を上限とする支援を決定し、同額の投資を実行しました。さらに、社外取締役の派遣や新規顧客紹介等を行うなどハンズオンの支援を継続してまいりました。

(2)事業の進捗

 エルテスは、順調に事業を進捗し、これまでに600社を超える企業にデジタルセキュリティサービスを提供し、クライアントのデジタルリスクの低減に貢献しています。また、AIを活用した情報漏えい防止など企業の内部リスクの事前検知や犯罪のデジタル化、世界的なテロの増加に伴う金融犯罪対策、海外テロ情報の分析といった新たな分野への取り組みも強化しています。

(3)Exitの経緯・内容

 2016年11月、エルテスは東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。INCJは、エルテスの順調な事業の発展により、投資時の目的は果たしたと判断し、同市場での保有株の売却を開始し、この度、全株式の売却が完了いたしました。INCJは株式売却後も必要に応じてエルテスの成長を支援してまいります。

4.主務大臣(経済産業大臣)の意見

意見なし

PDF(ニュースリリース)

HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ