お知らせ

2017.12.25

株式会社メガカリオン:
iPS細胞由来血小板製剤の実用化を目指すベンチャー企業 株式会社メガカリオンへの追加出資について

・メガカリオンによるiPS細胞由来血小板製剤の開発は治験準備の段階へ
・メガカリオンと共同開発先によるオープンイノベーションを継続的に支援   
・新規VCに加えて、共同研究を行う事業会社も共同出資に参画

株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)は、iPS細胞から血小板をつくる技術を臨床応用した血小板製剤の事業化を目指す株式会社メガカリオン(本社:京都府京都市、代表取締役社長:三輪玄二郎、以下「メガカリオン」)の事業進捗に伴い、同社の第三者割当増資を引き受け、11億円を上限とする追加投資を決定し出資を完了しました。メガカリオンは、今回のシリーズCで、総額37億円の資金を調達し、既存株主に加え、大塚製薬株式会社、株式会社大塚製薬工場などの事業会社や新生企業投資株式会社、しがぎん成長戦略ファンドが新たに出資を行いました。

血小板製剤は抗がん剤治療による血小板減少症や出血性疾患に用いられる基本的な医療手段の一つであり、その市場は日米欧だけで4000億円を超え、安定供給に対する社会的ニーズも非常に高くなっています。一方、血液製剤は献血を基に生産されますが、特に高齢化や人口減少が進む日本国内においては、2027年には献血者の不足が85万人に達するとも言われています。とりわけ、冷凍保存ができない血小板は、血液の中でも赤血球や血漿に比べ保存可能期間が4日程度ときわめて短いので需給調整に細心の注意が払われており、今後の少子高齢化の一層の進展により需給の逼迫が懸念されています。

そのような状況において、メガカリオンは、iPS細胞から血小板を産生し、ヒトiPS細胞由来の血小板製剤の実用化を目指すベンチャー企業として2011年に設立されました。血液を原材料としないので、計画的安定供給が可能で、病原汚染等の危険性がない血液製剤の供給が可能となります。

INCJは、メガカリオンに対し、リードインベスターとして、2013年8月に、シリーズAとして10億円、2015年3月にシリーズBとして16.9億円の支援を行ってきました。その間、メガカリオンは、治験用株の樹立、大量製法の確立、薬事当局との相談実施、業許可取得の他、多くの国内アカデミア、公的機関、国内事業会社と共同研究や、業務委託など密接な連携を行うなど、順調にその計画を進捗してまいりました。 そのような実績を踏まえ、シリーズCでは、日米での治験実施・治験薬製造に加え、将来の商業化を見据え、製造コスト削減のための製造技術開発に重点的に資金が投入される予定です。

本プロジェクトは、日本の産・学・官が密接に連携し、世界のトップを走るiPS細胞の研究・開発の具現化を目指すもので、日本と世界の輸血医療インフラに革新的な進化をもたらすものです。INCJは、日本のバイオベンチャーに対する資金供給の呼び水としての資金提供にとどまらず、本投資を通じて、iPS細胞の実用化を促進する事業環境の整備など、日本のライフサイエンス産業の活性化に貢献できることを期待しています。

PDF(ニュースリリース)

投資ストラクチャー図

関連ニュースリリース

2015.03.23
メガカリオンへの追加出資の決定について
2013.08.26
日本が世界をリードするiPS細胞分野において血小板製剤の事業化を目指すバイオベンチャー(株)メガカリオンへの出資を決定

投資先情報

HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ