ご挨拶

代表取締役会長 志賀俊之

オープンイノベーションで新たな競争力を創出

新たな産業革命の潮流が大きなうねりとして押し寄せる中で、その波を味方につけて日本の産業競争力を再び輝かせたい。そのためには産業界の変革は待ったなしの状況です。非中核事業の切り出し、再編・統合、海外M&A等を活用して、産業界全体で事業の新陳代謝を押し進める必要があります。一方、アカデミアシーズや企業の中に眠る技術を育成し、新しいビジネスモデルを提案するベンチャー企業を積極的に支援することで、産業界全体がオープンイノベーションを通じて、新たな競争力を身に着けることを目指したい。産業革新機構は、正にその渦中でしっかり役割を果たしたいと考えています。

経歴

1953年9月16日
1976年3月 大阪府立大学経済学部卒業
1976年4月 日産自動車株式会社入社
2000年4月 同社常務執行役員
2005年4月 同社最高執行責任者
2005年6月 同社代表取締役、最高執行責任者
2013年11月 同社代表取締役、副会長
2015年6月 同社取締役、副会長
2015年6月 株式会社産業革新機構 代表取締役会長(現職)
2017年6月 日産自動車株式会社取締役(現職)
2014年 公益社団法人 経済同友会 副代表幹事(現職)
代表取締役社長 勝又幹英

グローバルな産業再編と、ベンチャーエコシステムの構築を目指す

日本の産業競争力の回復、さらなる強靭化のために、従来の産業再編・統合支援を新たな観点から強化・推進したい。また、国内における再編・統合に留まらず、海外のパートナーとの協業を含むオープンイノベーションを通じ、成長著しい新興国市場の成長を取り込むグローバルベースでの産業再編にも取り組みたいと思います。さらに、産業の新陳代謝の活性化の観点から、既に始まりつつある第四次産業革命を支えるプラットフォームとなり得るベンチャー企業の掘り起しや投資育成・成長の加速化、およびそのエコシステムを支えていく起業人財やキャピタリスト人財の育成にも、今まで以上に取り組んでいきたいと思います。

経歴

1960年5月21日
1983年3月 東京大学教養学部卒業
1983年4月 株式会社日本興業銀行入行
1999年8月 メリルリンチ日本証券株式会社ディレクター
2002年4月 日本みらいキャピタル株式会社パートナー、取締役CFO
2007年4月 ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント株式会社代表取締役社長
2010年6月 モバイル・インターネットキャピタル株式会社 代表取締役社長
2015年4月 株式会社産業革新機構 専務執行役員
2015年6月 同社 代表取締役社長 (現職)
HOME
企業情報
事業情報
お知らせ
投資実績
お問い合わせ