投資先情報

投資案件

ASTROSCALE PTE. LTD.
公表日:2016.03.01 スペース・デブリ除去技術の開発およびサービスを提供するASTROSCALE PTE. LTD.への出資を決定PDFファイル

 株式会社産業革新機構(以下「INCJ」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英)は、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)※除去技術の開発およびサービスを提供するASTROSCALE PTE. LTD.(以下「ASTROSCALE」)(本社:シンガポール、CEO:岡田光信)の第三者割当増資を引き受け、30百万米ドルを上限とする出資を行う事を決定しました。
※スペース・デブリ(宇宙ゴミ)とは、運用が終了した人工衛星やロケット上段等、活動を行う事なく地球軌道上に放置された人工物体や、人工物体同士の衝突等により発生した破片を指します

 またASTROSCALEは、株式会社ジャフコ(本社:東京都千代田区、取締役社長:豊貴伸一)が運営管理する投資事業組合に対しても第三者割当増資を実施しており、その他投資家への第三者割当増資も実施予定です。

 現在、地球を取り囲む宇宙空間にはスペース・デブリが多数存在し、急速に増加しています。スペース・デブリは、我々の暮らしに不可欠な人工衛星に衝突して破損させるなど、宇宙空間利用の脅威となっています。デブリ除去については国際的にも必要性が認識されつつあり、世界各国の研究機関等で多種多様なデブリ除去手法が研究開発されています。

 ASTROSCALEは様々な大きさのスペース・デブリに対応でき、かつ低コストな除去技術を考案し、実用性の高いデブリ除去サービスをグローバルに提供する事を目指すベンチャー企業です。また同社は、日本の多くの中小企業や大学と密接に連携し、デブリ除去の技術開発や製造に取り組んでいます。

 INCJは、ASTROSCALEに対して今後の技術開発およびサービス展開に必要な成長資金を提供するとともに、社外取締役の派遣等を通じ経営面でのサポートを行います。INCJは本投資を通じて、ASTROSCALEの技術開発、実証およびビジネスモデルの構築を支援し、宇宙産業発展の大きなボトルネックとなりつつある、スペース・デブリ問題の解決に寄与します。併せて、衛星技術等の発展や宇宙関連産業の価値創造に貢献することを目指します。
2016.03.01 スキーム図(ASTROSCALE PTE. LTD.)PDFファイル

Get ADOBE® READER®
上記PDFが開かない場合は、上のアイコンをクリックし、
Adobe社のサイトからAcrobatreaderをダウンロード(無料)し、
お使いのマシンにインストールしてからご閲覧ください。