投資先情報

投資案件

Mido Holdings Ltd.
公表日:2013.04.03 ネットワーク仮想化ソリューションを開発する日本発のグローバルIT技術ベンチャーへの投資を決定PDFファイル

 株式会社産業革新機構(以下「INCJ」)(東京都千代田区、代表取締役社長 能見公一)は、日本発のネットワークの仮想化ソリューション開発ベンチャーであるMido Holdings Ltd.(以下「ミドクラ」)(スイスローザンヌ/東京都港区、共同創業者 加藤隆哉およびダン・ミハイ・ドミトリウ)に対し、同社の今後の製品開発、事業開発に必要な成長資金として12億円を上限とする投資を決定いたしました。

 コンピュータ/ネットワークインフラ業界は、スマートフォンやクラウドコンピューティングの本格普及に伴うネットワークトラフィックの急激な成長を背景として、データセンター事業者やインターネット企業においてネットワーク機能拡大やその構成の柔軟かつ迅速な変更のニーズが強まり、かつて無かった水準の変曲点を迎えています。

 こうした流れを受け、コンピュータ/ネットワークインフラ業界においてネットワークの仮想化技術(ソフトウェア化)を実現するSoftware Defined Networking (「SDN」)市場は、2012年以降、グローバルのみならず日本においても、ネットワークに関わる事業者やテクノロジー系の各種媒体から大きな注目を集め、今後、本格的な市場立ち上がりが見込まれています。

 ミドクラは、複数のIT系上場企業経営者として経験豊富な加藤隆哉氏(ミドクラ取締役会長)と、アマゾンドットコム(米国)におけるトップエンジニアでありスイス連邦工科大学ローザンヌ校フェローとして活躍したダン・ミハイ・ドミトリウ氏(ミドクラ取締役CEO/CTO)が、2010年1月に東京で設立した、ネットワーク仮想化技術の開発に特化した日本発のグローバルIT技術ベンチャーです。
 また、ミドクラが開発するネットワーク仮想化ソリューションである「MidoNet」は、SDN市場において世界的にも類のない分散型アーキテクチャーを強みとし、ネットワーク構築・変更の柔軟性、設備投資およびネットワーク運用に係るコストメリットなどの点が評価され、国内外のデータセンター事業者、キャリア/ネットワーク事業者、インターネット企業から高い注目を受けています。

 なお、現在、ミドクラはグーグル、アマゾン、シスコシステムズ、ソニー、NTT、NECなどの国内外企業出身の経験豊富なエンジニア、事業スタッフ等の起用および最適な開発体制構築のため、日本のみならず、北米、欧州において開発活動を展開しています。

 INCJ は、ミドクラのグローバルな開発体制の充実および営業・サポート体制の増強に向けての必要資金を供給するとともに、社外取締役の派遣、国内外企業との協力体制の構築等の経営面でのサポートを行い、日本発のグローバルIT 技術ベンチャーの成長の推進を目指します。
2016.06.08 スキーム図(Midokura Holdings Ltd.)PDFファイル
投資スキーム図を更新しました。
2016.06.08 Mido Holdings Ltd. への追加出資の決定についてPDFファイル
株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)は、ネットワークの仮想化ソリューション開発を手掛けるベンチャー企業、Mido Holdings Ltd.(本社:スイスローザンヌ、CEO:ダン・ミハイ・ドミトリウ、以下「ミドクラ」)に対し、今後、同社の製品開発、事業推進に必要な資金として10百万米ドルを上限とする追加投資を行うことを決定しました。また、ミドクラには、日本のFintech企業であるシンプレクス株式会社に加え、ミドクラの取締役であるアレン・マイナー氏も、新たに投資を行います。

ミドクラは、コンピューターネットワークの仮想化技術(ソフトウェア化)を実現するSDN(Software Defined Networking)市場が本格的に立ち上がるのを見越して2010年1月に設立された、日本発のグローバルIT技術ベンチャーです。
 
同社が開発・販売するネットワーク仮想化ソフトウェア「MidoNet」は、物理的なネットワーク機器の高度な機能・役割をソフトウェアで代替させる革新的な製品であり、技術的な特徴として大規模化ITシステムにおいて重要となる自立・分散制御に強みを持っています。「MidoNet」の利用により、高価格・高機能なネットワーク機器を使うことなく、ネットワーク機能の拡張や、運用の利便性を向上させることが可能となります。

「MidoNet」はオープンソースソフトウェアとしてコミュニティにて開発、無償公開されており、ミドクラはMidoNetにサポート・運用監視等の付加機能をパッケージ化した有償版の「Midokura Enterprise MidoNet (以下MEMという)」を提供しています。
今後、ミドクラは、調達した資金を活用して、MEMの開発を加速し、マネジメントや開発チームの強化、大手企業等との戦略的事業提携を通じた拡販に注力する予定です。

INCJは、2013年4月に、ミドクラの製品開発、事業開発に必要な成長資金への投資を決定し支援を行ってきましたが、今回の追加投資により、ミドクラが新たな成長段階に入り、日本発のグローバルIT技術ベンチャーとしてこの分野での真のリーダーになることを期待しています。
2017.06.09 Mido Holdings Ltd.の株式譲渡についてPDFファイル
 株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)は、同社が保有するMido Holdings Ltd.(本社:スイス・ローザンヌ、取締役会 会長兼CEO:加藤隆哉、以下「ミドクラ)の全株式について、同社の創業者でありCEOである加藤隆哉氏に譲渡することを決定致しました。

 ミドクラは、2010年1月に、ネットワークの仮想化を実現するソフトウェアの開発・販売を目的に設立された、日本発のグローバルIT技術ベンチャーです。
INCJは、ミドクラに対し、同社の製品開発、事業推進に必要な資金として投資を行ってまいりましたが、この度、加藤氏から、既存株主に対し、株式の譲り受けの提案がありました。INCJでは、この提案を慎重に検討した結果、保有する全株式を同氏に譲渡することが適切という判断になりました。

Get ADOBE® READER®
上記PDFが開かない場合は、上のアイコンをクリックし、
Adobe社のサイトからAcrobatreaderをダウンロード(無料)し、
お使いのマシンにインストールしてからご閲覧ください。