投資先情報

投資案件

株式会社ファルマエイト
公表日:2011.11.09 「アルツハイマー型認知症向け根本治療薬の開発を目指す、アーリーステージ・創薬ベンチャーへの投資」を決定PDFファイル

 株式会社産業革新機構(以下「INCJ」)は、株式会社ファルマエイト(以下「ファルマエイト」)の第三者割当増資を引受け、前臨床試験等の医薬品開発の初期段階に必要な資金(5.5億円)への投資を決定、実行いたしました。

 ファルマエイトは、アルツハイマー型認知症の根本治療薬の開発を目指している京都大学発の創薬ベンチャー企業です。アルツハイマー型認知症は、高齢化社会においては極めて医療ニーズの高い疾患であり、対症療法から脱した根本治療薬の開発が世界的に求められています。ファルマエイトは、独立行政法人理化学研究所(以下「理研」)と共同研究を行うことにより、理研創薬・医療技術基盤プログラムの支援及び理研の最先端技術を利用するとともに、アルツハイマー研究の最先端の知見も活用して、当該薬の開発を行っていく予定です。

 INCJは、本投資を通じて、前臨床試験等の医薬品開発の初期段階に必要な資金を供給するとともに、開発計画策定、知的財産の集約と強化、研究からビジネスへの移行のための開発体制の構築を支援します。さらに、これにより生まれる、信頼性のあるデータと知的財産の活用によって、製薬企業への円滑な橋渡しを目指し、国内アカデミア発ベンチャー企業と製薬企業間の医薬品開発におけるオープンイノベーションを推進します。

2013.12.25 株式会社ファルマエイトへの支援決定の撤回についてPDFファイル
 株式会社産業革新機構(以下「INCJ」)(東京都千代田区、代表取締役社長 能見公一)は、株式会社ファルマエイト(東京都中央区、代表清算人 宗像敬一)が、臨時株主総会において解散の決議を行い、清算することになったため、産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法(平成11年法律第131号)第30条の26第1項第1号に基づき、同社への支援決定を撤回しました。

 (参考)INCJは、2011年11月9日に「産業革新機構、アルツハイマー型認知症向け根本治療薬の開発を目指す〜 アーリーステージ・創薬ベンチャ―への投資 〜」を公表しています。

Get ADOBE® READER®
上記PDFが開かない場合は、上のアイコンをクリックし、
Adobe社のサイトからAcrobatreaderをダウンロード(無料)し、
お使いのマシンにインストールしてからご閲覧ください。